書籍・コミック

 

発送代行・フルフィルメントの観点から書籍・コミック商材の取り扱いのポイント3つ

  1. 予約販売
  2. 発売日ユーザー着
  3. 倉庫納品タイミング

1.予約販売

 再販商材である書籍は発売日を厳守する慣習があり予約・書店取り置きの運用が一般的に行われています。この発売日も単品ごとに設定されているためEC通販の場合、予約販売では既発商材含めた複数アイテムを同時購入できない制御を行っているケースが多いです。

2.発売日ユーザー着

 上記1.のように予約購入頂いたユーザーは発売日には店頭に受け取りに行く、もしくは指定配送先に商材が届いていることを心待ちにしています。

3.倉庫納品タイミング

 上記2.発売日ユーザー着を実現しようとすると、配送を行う倉庫には発売日よりも前に納品頂くことで、配送作業の時間を確保致します。そのため相当量の予約・発売日ユーザー着を見込める商材の場合は、ある程度の余裕をもって倉庫に納品することをオススメ致します。